WILD INVESTORS TOP >> ワイルドインベスターズ推薦図書 ホーム会社概要
メンバーログイン


MENU
Main Contents
ワイルドインベスターズとは
プロフィール
DEEP INSIDE
THE BEAUTIFUL MIND
それを教えちゃマズイだろ!
投資家教育
投資家教育とは?
日本を投資大国にしませんか?

Links & Recommend
ワイルドインベスターズ推薦図書
ワイルドインベスターズお勧めリンク集
投資家教育DVD
投資家安間伸の著作一覧

Seminar & Mail Magagine
公式セミナー
セミナー資料ダウンロード
FAQ
メルマガ

・ 特定商取引に関する法律に
  基づく表記
・ 訪問販売法表記に基づく記載
・ 連絡先

ワイルドインベスターズ推薦図書
ここでは、私が読んで投資に役立つと思った本をご紹介します。

あまりこだわりはないんですがアフィリエイトに入っていますので、この画面から注文していただけると 「私の本代(年間数十万円)が助かる」⇒「また狂ったように読みまくる」⇒「その中で、良い本を紹介できる」⇒「提供する情報の質も高まる」 という好循環が産まれます。どこで注文しても同じなら、こちらでお願いします。

バックナンバー


  今月の推薦図書

バフェットとソロス 勝利の投資学

 投資マニアにはおなじみの、バフェットとソロスの類似点・相違点を網羅した書です。彼らの生い立ちからキャリアなど、 人格形成の奥深い部分にまで踏み込んで両者を比較しています。ただしそれはあくまでも話のネタとして、 彼らを観察することによって投資家として成功するための考え方が23か条としてまとめられています。

 筆者自身もそこそこ成功した投資家であるためか、「そうなのではないかな?」と私も思っていたことが簡潔にまとめられていて興味深いです。

 たとえば第5条

「分散投資なんて小鳥さんのやることだと信じている」

 これは「達人は自信がある投資機会にしか行動を起こさないし、いざ動くとなればポジションに大きなインパクトを与えるぐらい腹いっぱい仕込む。分散投資するのが最良という考え方はしない」ということです。投資理論の常識では「できるだけ分散することによって超過リターン/リスク比が最大になる」ということになっているのですが、それとは正反対の考え方ですね。

 私は両方の考え方があると思います。たとえばどの銘柄が良いのかわからない人であれば、無理をせずインデックスに連動するETFでも買っておけばいいでしょう(尤もそのまえに、そもそも株を買うべきかという重要な判断が必要ですが)。しかし経験を積むにつれて、数多ある会社の中でも安全かつ収益率の高そうな銘柄は、何百もあるわけではないことがわかってきます。

 公募投信などを運用しているファンドマネージャーはそのことがわかっていても、大きくインデックスに負けるとマズイことになるので集中投資はしません。一方で、あまりインデックスを気にしなくても許される投資家は、良い銘柄だけを選んで(あるいは逆にとびきり悪い銘柄をショートして)投資することができるのです。まあ資金の出し手のインテリジェンスによって運用手法は制約されるので、そういった差が出てしまうのはしょうがないと思います。

    第16条

「経験を積めば積むほどリターンも高くなる。
今では金儲けのために過ごす時間は減ったように見える。
『修行は積んだ』」


 この気持ちはわかります。市場を長いこと見ていると、「ああ、今は94-95年にそっくりだなあ」などと考えて、「じゃあもしアレがこうなればナニはソレするよなあ」とわかってしまうんです。まあ100%自信があるわけではないんですけどね。

    第22条

「金を払ってでもこの仕事がしたい」

投資は刺激と自己充足のためにやる。金のためではない。


 これも深いですね。人間のモチベーションには「逃れるため」と「近づくため」の2種類のドライバーがあり、たとえば貧乏から逃れるモチベーションで動いている投資家はある程度の資産を築くと投資をやめてしまうと。ソロスやバフェットは刺激と自己充足のために投資をしているので、とっくに一生遊んで暮らせるカネを手に入れているのにそれでも続けることができるのだと言っています。

 投資の達人になるための考え方や態度はこの23か条だけではないと思いますけど、かなりイイ線を押さえていると感じます。少なくとも投資の基本をひととおりマスターし、自分なりの体系を作り出すぐらいのレベルにある人には面白いのではないでしょうか。

 しかしこの筆者、「税金を支払うのは自分の宗教に反するという理由で」香港に在住とか。オーストラリア人だからPT(永遠の旅行者)にもなれるわけね。だけどPTって、淋しくなったりしないのかなあ。俺はサラリーマン辞めてあちこちフラフラしているだけで、地に足が着いていないような気がしてけっこう淋しかったぞ(笑)。だからこそ逆に、日本という国が大好きであることも再認識したんだけどね。

 ま、そのへんは人それぞれかな。


アマゾンで購入する


▲ PAGE TOP


  今月の推薦図書(2)

南山宏治の本

「ワイルドインベスターズ影の相談役」こと、
グロスクリエイトの南山宏治がついに本を出版する!

ということで、私に記念すべきその初版を郵送してくれました。

南山さんはプロですよ。私は同じ会社で働いていましたからよく知ってます。
『株でXXX円儲けた!』とか『誰にでも簡単にできる』みたいな本ではなく、
ギラリとしたプロの凄みを見せつけてくれることでしょう。

封をあける時間がもどかしいぐらい、心がはやります。

(´Д`;) ハァハァ

さあさあ!出てきたぞぉ!
どんなタイトルだ!?




「株 3ヶ月で年収の半分を稼いだ南山式投資術」
〜 誰でも1分で見つけられる有望銘柄 〜


     _| ̄|○

・・・あれ?
・・・そ、そうか。
今回は初心者をターゲットに、あえてこういう路線にしたに違いない。
気を取り直して読んでみよう。

むー、南山さんも株でこんなに儲けてたのか。
全然知らなかった。
ま、儲けた人間はずっと後にならないと白状しないからな。

今回の本は、株式投資の手法をかなりシンプルに噛み砕いて描いております。
プロから見るとずいぶんと簡略化しているように見えますが、初心者には
それぐらいのほうが良いでしょう。

貸借対照表(BS) = 「財産目録」
損益計算書(PL) = 「預金通帳」

と例えるあたり、非凡なセンスを感じます。

私が読んでいてもハラハラするような辛口トークが随所に炸裂していますね。
この人、怖いものがないのでしょうか。
現役の外資系証券マンでしょ?

しかし、言っていることはきわめてまっとうです。
「株で儲けるための一番の資質は『好奇心』」
「まだ不安が残っているうちが絶好の買い場」
「投資は最終的に、哲学や胆力が試される」
などの結論は、市場で長年揉まれたプロだからこその言葉です。


カタイ話は抜きにして、株式投資の醍醐味を楽しみたい大衆向けの本に仕上がってます。
いやー意外だなあ。本人はもっとマニアックな人なんですけどね。

本屋で見かけたら、手にとってパラパラとめくって見てください。

グロスクリエイト ホームページ
アマゾンで購入する


▲ PAGE TOP


  おすすめ図書

いつもバタバタしている人の気持ちの切り替え術
【著作】
バルバラ・ベルクハン

【翻訳】
瀬野 文教

草思社

【価格】
\1,365(税込み)
いつもバタバタしている人の気持ちの切り替え術


投資と関係ないやん!

とお怒りのあなたも、ちょっと聞いてください。
何のために仕事や投資をするのか、よく考えてみましょう。決してそれ自体が目的ではなく、豊かな人生を楽しく過ごすためであるはずです。
この本は、周囲の環境に振り回されることなく、自分の人生を豊かに過ごすための心構えを示しています。他人の言うことを何でも聞き入れたり、「重要なこと」よりも先に「緊急に見えること」に反応する人は、いつまで経ってもバタバタした人生から抜け出せません。時には周囲と摩擦を起こさないと、他人のゴミ箱にされてしまいます。何もしない時間や、外界と接触を絶って好きなことをする時間が、知的な能力を育てるというのです。
私もまったく賛成です。私もサラリーマン時代からしばしば音信不通になったり、集中しているときは電話に出なかったり、昼寝の時間を確保したりしていました。きっと「都合の悪い社員」だったと思いますが、この本で「創造的な仕事をするためにはそのほうが良いのだ」と知って、自分の流儀を貫いた甲斐があったかなと思います。
この本の著者が言うように、今の時代は労働時間ではなく頭脳の働きが報酬を決めます。だからネズミのようにずっと走っている人は大きなチャンスを逃してしまいます。一方で人生を思う存分楽しみながらウハウハ儲けてる人もいます(石を投げられるから黙ってるだけですよ)。これが二極化の正体です。
さて、あなたはどちらになりたいですか?
この本には、あなたが望む人生への大きな手がかりがあります。

アマゾンで購入する


▲ PAGE TOP
バックナンバー

中国関連
「それを教えちゃマズイだろ!NO.009 中国・朝鮮半島に振り回されない方法」
――― 2004/10/05


copyright 2005 WILD INVESTORS all rights reserved.